笑顔がいいね♪

小学生と高校生の子供がいるアラフォー主婦です。 毎日瞑想とジョギングを日課にしている健康オタク♪ 家族の笑顔の為においしいご飯を作ることを頑張っています(^^)/

インフルエンザ予防にR1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで量産 作り方の紹介

R1ヨーグルトの作り方

我が家はインフルエンザ対策としてR1ヨーグルトを取り入れています。

毎日継続して取り入れないと効果を発揮しないので、せっせと毎日食べているのですが、他のヨーグルトと比べてお高いので家族みんなで食べようとするとかなりの金額に💦

 

そこで今年はヨーグルトメーカーで手作り&量産して対応することに😁

その方法を紹介します。

 

 

R1ヨーグルトのインフルエンザ予防効果について

R1ヨーグルトは「1073R-1乳酸菌」が入っているヨーグルトです。

この「1073R-1乳酸菌」がすごいらしいです

様々な研究がされていて、高齢者のインフルエンザ予防につながる可能性(参考資料1)インフルエンザワクチンの効果を高める可能性があること(参考資料2)などが確認されているそうです。

参考資料1:乳酸菌1073R-1株摂取によるインフルエンザ予防 | 明治ヨーグルトライブラリー

参考資料2:乳酸菌1073R-1株のインフルエンザワクチン効果 | 明治ヨーグルトライブラリー

 

過去記事でも紹介していますが、インフルエンザの感染率が低くなったという研究結果もあります。 

www.703-39.com

 

但し、その効果を得るためには毎日継続的に摂取する必要があります。

それは1度体内に取り入れた乳酸菌は長期的に生き続けるわけではないのだそうです。

3日程度、長くても1週間で死滅すると言われています

 

体内の乳酸菌を維持するには毎日ヨーグルトを食べ続ける必要があるそうです。

 

ヨーグルトメーカーを使用したR1ヨーグルトの作り方

材料

R1ヨーグルトの作り方

  • 成分無調整牛乳
  • R1ヨーグルト 56g(1/2の分量)

ヨーグルトメーカー

 

作り方

  1. 牛乳をレンジ(600W)で4分温めます。※1面1分×4回
    R1ヨーグルトの作り方

  2. 牛乳パックにR-1を入れて、長いスプーン又は箸等でよくかき混ぜます。奥までしっかりかき混ぜます。私はヨーグルトメーカーに付属していたスプーンを使用しています。ドリンクタイプのR-1でも大丈夫です。
    R1ヨーグルトの作り方

  3. ヨーグルトメーカーにセットし、8時間ほど発酵させます。
    温度調節機能付きのヨーグルトメーカーは43℃に設定します。
    R1ヨーグルトの作り方

  4. 牛乳が固まったら出来上がりです。出来上がったら冷蔵庫で冷やします。
    手作りR1ヨーグルト

 

 

R1ヨーグルト
R1ヨーグルト

牛乳は必ず成分無調整を使用します。

以下の牛乳ではヨーグルトがうまく作れないそうです。

  • 低温殺菌牛乳
  • 加工乳
  • 乳飲料

 

おすすめのヨーグルトメーカー

私が使っているのは10年以上前に購入した古いものなので、温度設定機能やタイマー機能が付いていないヨーグルトしか作れないシンプルなものです。

 

調べてみると今はヨーグルトだけでなく甘酒や納豆や塩麴などの発酵食品が作れる機能が付いていることにビックリ🤩

もちろんタイマーや温度調節機能も付いているものがほとんどで、紹介した機能がすべてついて3000~4000円位から購入できます。

(10年前に買ったヨーグルトメーカーは何の機能も付いていないのもかかわらず5000~6000円位だった記憶があります💦)

 

今回色々なヨーグルトメーカーを調べてみて今買うのにおすすめのヨーグルトメーカーを紹介します。

 

ヨーグルトメーカーのおすすめ機能

ヨーグルトメーカーは大きく2つに分けることが出来ます。

・牛乳パックごと作れるタイプ

 

・専用容器で作るタイプ

 

専用容器で作るタイプはヨーグルトだけでなく、様々な低温調理をしたい人には向いているのかなと思います。機能も機種によって幅が広く、3000円位から20000円位のものまであります。

牛乳パックで作れるタイプの方が手軽に作れてお手入れも楽なので、ヨーグルトをメインに作る場合はおすすめです。

牛乳パックタイプでも専用容器が付属しているものは甘酒や納豆などの調理が可能です(私がおすすめするのがこのタイプ)

 

タイマー機能と温度設定機能が付いているものがおすすめです。
我が家のヨーグルトメーカーはタイマー機能が付いていなかったので、下のようなタイマーにつなげて使用しています😅

タイマー
 

普通のプレーンヨーグルトを作るだけでしたら温度設定機能が無くても大丈夫ですが、特殊なヨーグルト(カスピ海ヨーグルト等)は作れません。

また、温度設定が出来ると甘酒や塩麴、納豆なども作ることが出来るので活用の幅が広がります。

 

私がおすすめするヨーグルトメーカーは

アイリスオーヤマ IYM-014

タイマー機能と温度設定機能が付いていて、牛乳パックごと簡単にヨーグルトが作れる上に専用容器付きなので、甘酒や飲むヨーグルト、塩麴などの発酵食品も作れる優れものです。

 

しかもこれだけの機能が付いていてお値段が3000円ほどでコスパ最高です✨

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは他の型番もありますが、これが必要な機能を絞ってお値段を下げたものなので私の一押しです。

 

 

飲むヨーグルトや甘酒も作ってみたいので、本気で購入を検討しています😁

 

まとめ

ヨーグルトメーカーを使用したR1ヨーグルトの作り方とおすすめのヨーグルトメーカーの紹介をしました。

 

ヨーグルトは夕食後に食べるのがおすすめです。

インフルエンザ予防だけでなく、腸内環境の改善効果や肌トラブルの予防効果等もあります。

 

www.703-39.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)