笑顔がいいね♪

中学生と高校生の子供がいるアラフォー主婦です。 毎日瞑想とジョギングを日課にしている健康オタク♪ 家族の笑顔の為においしいご飯を作ることを頑張っています(^^)/

視界の一部が白くキラキラしてぼやける現象~閃輝暗点(せんきあんてん)~

昨年の夏の事です。

目の前に突然キラキラしたものが見えました。よく見ると視界の一部が白くキラキラしているように見えたので、目にゴミでも入ったのかな?と目をこすったり瞬きをしたりしたのですが、消えません💦

せんきあんてん

ちょっと不安になったのですが、視界の一部が雲かかってピカピカしている以外には特にめまい等の症状はなかったので、しばらく様子を見ているうちにもとに戻りました。

夏の暑い日だったので、脱水でもしたのかな?とその時はあまり気にせずにいました。

 

のちに色々調べたり病院を受診したりしてこの症状が

「閃輝暗点(せんきあんてん)」という症状だということが分かりました。

 

これは私の場合ですので、同じような症状でも少しでも不安に思う症状があった場合は、救急車を呼ぶ前に電話相談が出来るサービス「#7119」がありますので活用されることをお勧めします。

 

#7119は急な病気やけがをしたときに、救急車を呼んだほうがいいのか、今すぐ病院に行ったほうがいいのか、など迷った際に専門家から電話でアドバイスを受けることができる相談窓口です。

 

緊急性が高いと判断された場合はそのまますぐに救急車の手配をしてくれます。

緊急性が低いと判断された場合は、適切な医療機関の紹介や受診手段や応急処置の方法等を教えてくれます。

 

但し、対応地域が限られているので確認が必要になります。

詳しくは下記記事を参照ください。 

www.703-39.com 

今回は「閃輝暗点(せんきあんてん)」の症状と私の体験を紹介します。

 

 

閃輝暗点(せんきあんてん)とは?

閃輝暗点(せんきあんてん)もしくは閃輝性暗点(せんきせいあんてん)と呼ばれます。

まず、視覚障害が起きる。突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れる。視界の一部がゆらゆら動きだし、物がゆがんで見えたり、目の前が真っ暗になったり、見えづらくなる。その後、みるみるうちに点は拡大していく。ドーナツ状にキラキラと光るギザギザしたガラス片や、ノコギリのふちのようなもの、あるいはジグザグ光線のような幾何学模様が稲妻のようにチカチカしながら光の波が視界の隅に広がっていく。これは無数の光り輝く歯車のような点が集まり回転しているようでもあり、視界の大部分が見えなくなることもある。これらの視覚的症状は短時間に進行する。そしてこの閃光と暗点は5分から40分ぐらいで広がって、視野の外に出て消えていく。この症状は目を閉じていても起きる。症状が治まった後、引き続いて片頭痛が始まる場合が多い。この後に頭が割れてしまいそうな激しい片頭痛が3〜4時間続き、強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多い。

 

これら症状は若年の場合、年齢と共に回数も減りそのうちにほとんど起こらなくなる。

中年の場合で、閃輝性暗点だけあって、その後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性がある。

 引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

 

 私の症状

私の場合は、視野の隅の方が白くぼやけたような感じでそれがキラキラしているような感じでした。キラキラ光る綿あめが視界に入っているようなイメージでした。

視界が悪いだけで、その他の症状はありませんでした。

 

最初はすぐにおさまったので、あまり気にしていなかったのですが、何度か体験するうちにこれはおかしいかも?と不安になって病院を受診することにしました。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)の症状は何科を受診したらよいの?

眼科神経内科の受診をおすすめします。

 

私は症状が出た時は、この閃輝暗点(せんきあんてん)という病名にたどり着いていなかったのですが、脳内の異常かもしれないと思って、MRI設備のある近所の神経内科を受診しました。

MRIの結果は異状なしで重篤な症状でないことが分かってホッとしました。

そこで初めて閃輝暗点(せんきあんてん)の名前を聞きました。

眼科の受診の有無も聞かれたので、念のため眼科も受診し、異常の無いことを確認しました。

 

人によっては、同じような症状で脳梗塞などの脳内に異常がある場合や網膜剥離などの眼内に異常がある場合があるそうなので、このような症状が出た場合には、眼科と神経内科を受診ください。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)の原因は?

神経内科の問診で症状の後の頭痛の有無を聞かれました。

片頭痛の前兆であることが多く、その後激しい頭痛がおこることが多いそうです。

 

脳の視覚をつかさどる中枢(視覚野)の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するために起こると考えられているそうです。

睡眠不足、ストレス、肩こり、喫煙などが原因の場合もあるそうです。

 

私は頭痛を伴わないタイプだったのですが、この場合は脳梗塞などの脳内の異常も疑われるそうなのでCTやMRIの設備のある神経内科の受診をした方が良いそうです。

 

私の場合は、眼科と神経内科の受診の結果、特に異状がなかったので様子を見るということになりました。

薬などは処方されませんでした。

心当たりのある原因は肩こりだったので、運動やストレッチをしたり、整体に通ったりするうちに症状は現れなくなりました。

 

まとめ

視界がキラキラと光って見える症状の閃輝暗点(せんきあんてん)について紹介しました。

突然視界が普段と違う状態になるととても不安になりますよね💦

私も先日、久しぶりにこの症状がでてちょっと怖くなりました😨

 

もしも普段と違う症状で不安になった場合は、#7119にお電話することをお勧めします。

適切な医療機関の紹介もしてくれます。 

www.703-39.com

  

最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)